腰痛マットレスで本当に腰痛に効果があるマットレスを厳選比較

マットレス館|腰痛マットレスおすすめランキング

腰痛対策方法

腰痛の原因は枕かも?腰痛改善の効果をもたらすおすすめ枕はどんなタイプ?

まくらのイメージ

腰が痛いからといって、腰にダイレクトに負担がかかることばかりが痛みの原因とは限りません。

驚くことに、腰痛の原因が枕にあることも分かりました。
どんな枕が腰痛を引き起こすのか、さらに腰痛を改善する枕のタイプなども合わせてご紹介します。

腰痛の原因が枕にあった!

様々なまくらのイメージ

寝たときに腰が反ってしまう枕

仰向けに寝たりうつぶせに寝たとき、腰が反ってしまうことが分かります。
腰痛が酷い方だとうつぶせで寝ることも仰向け姿勢もキツイという方がいるほどです。

そのため枕の高さが重要になってくるのですが、枕が高すぎると仰向けで寝ているときに腰が丸まって猫背のような姿勢になります。

布団と腰に強い摩擦が生じてしまい、寝返りを打つのも困難なほどです。

寝ている間は無意識ですから、寝返りを打つのが困難な状態だと寝返りを打てず、同じ姿勢でずっと寝ることになります。
結果的に腰に強い負担がかかったままなのです。

逆に枕が低いと今度は顎が上がった姿勢になります。

この状態は肩付近に力が入った状態になるため骨盤が前の方に出た姿勢になり、仰向けで寝ているのにうつぶせで寝ているような状態になります。

腰痛にうつぶせ寝は厳禁と言われていますから、低すぎる枕で腰が反れてしまうのも改善しなければなりません。

高さがありすぎる枕

自分の体に合わない高い枕で寝ていると、横向きで寝ているときや寝返りを打った時に背骨が大きく曲がるのが分かります。

背骨が曲がるとそれだけ背中の筋肉に疲労物質がたまり、筋肉のバランスが悪くなることで腰に悪影響を及ぼします。

背中のコリがそのままダイレクトに腰痛になってしまうので、自分の体に合った高さの枕を選ぶことが結果的に腰痛改善に繋がります。

寝返りがしにくい枕

質のいい睡眠のために色んな工夫を取り入れる方が増えてきましたが、中でも頭全体が沈み込む低反発の枕を好む方が多いようです。

ふわっとした心地よさを感じるようですが、実はこの沈みすぎる枕も腰痛を悪化する原因のひとつと言われています。

柔らかすぎると頭全体が枕に沈みます。そのため、頭を支える役割は一切果たしていません

頭が支えられないということは、寝返りを打つときに軸になる部分が無くなってしまうため、無意識のうちに寝返りを打つ頻度が極端に減ってしまいます

寝返りは体の巡りを良くするために必要なので、寝返りが打てないということは血の巡りが悪くなることで疲労物質がどんどん溜まってしまいます。

結果的に腰痛を悪化させるというわけです。

腰痛改善に役立つ枕はこんなタイプ

ラテックスまくらに寝そべる少女

適度な硬さがある枕

枕がどんな素材で出来ているのかこの機会に確認してみましょう。

羽毛の様な柔らかい素材や低反発ウレタン素材の枕は、頭がぐっと沈んで包み込まれる感じに安心感を覚える方もいます。

しかし、沈んでしまうと寝返りを打つときに頭に力が入らず頭から首、首から背中、背中から腰へ負担がかかります

ある程度硬さのある枕なら寝ている間に無意識でも上手に寝返りを打って、体の血流が悪くならないように態勢を整えることが出来ます。

ちなみにある程度硬さのある高反発枕は、天然ゴムから作られるラテックス枕をさしています。

高い反発力があるため重さのある頭を乗せてもすぐに形状復元力によって元の形に戻ります

硬さのある枕を選ぶときは、天然のゴムの木樹脂から作られるラテックス枕を探しましょう。

枕の幅もポイントになる

枕の幅を気にしたことはありますか?
毎日使っている枕の幅をみてください。もしも幅の狭い枕なら幅広枕に変えることをおすすめします。

その理由は、幅が狭い枕を使って寝返りを打つと、枕から頭が落ちてしまうためです。
首を枕の位置に戻す時に目が覚めてしまいますし、頭が落ちたことに気づかないまま寝ていると、頭の位置が下がってしまうため、腰に負担のかかる体勢になってしまいます

腰痛で悩まされているとき、横向き体勢になったらへそ、この3か所が一直線になるような姿勢だと腰に負担がかかりません。

そのためにも、寝返りを打った時に枕から頭が落ちないように、幅広の枕を使うようにしてください。理想は頭3つ分がはまる幅です。

右にも左にも寝返りを打てる幅の枕に変えてみましょう。

丁度いい高さの枕は腰痛になりにくい

枕が高いほうが寝やすいという方がまだまだ多いようですが、高すぎる枕は首や肩、背中、最終的に腰に大きな負担をかけてしまいます。

理想の高さは鼻、喉、へそが一直線になるような高さです。
この高さをキープできると自然に寝返りを打つことが出来るので、途中で目が覚めることもありません

質のいい睡眠でなおかつ腰痛改善のために枕の高さもこだわりを持ちましょう。

まくらと一緒にマットレスも見直そう

マットレスも腰痛の原因になる?

まくら選びの重要性がお分かりいただけたと思いますが、この機会にマットレスもぜひ見直してみてください。

まくら同様にマットレスも硬すぎてはダメ柔らかすぎてもダメなのです。どちらも腰に大きな負担がかかります。

せっかくまくらを改善してもマットレスに問題が残ったままでは、腰痛はなかなか改善されません。
沈みすぎず、なおかつ硬すぎず、まくら同様に適度な硬さのあるマットレスに変えてみてください。

こんなマットレスは要注意

三つ折りマットレスは収納できるので部屋をスッキリさせることができますが、ちょうど折り目の部分に腰が当たると違和感がありますし、その違和感が腰に負担をかけてしまいます

腰痛で悩んでいる場合は1枚タイプのマットレスに変えてみましょう。

1枚タイプのマットレスでもウレタン製1層タイプは体のカーブにフィッしてくれません。
背骨や骨盤に大きな負荷がかかってしまいます。

寝返りを打つときが一番分かりやすいです。
寝返りを打つたびに腰に痛みを感じませんか?

その結果熟睡できないと訴える方も少なくありません。ウレタン製でも問題はありませんが、少なくとも2層あるタイプを選ぶことをおすすめします。ウレタン製でも5層タイプもあるようなので、お財布と相談しながら層の数が多いタイプを選んでみましょう。

また、スプリングコイルやボンネルコイルタイプのマットレスが腰痛の原因になることもあります。

それでもウレタンに比べてコイルタイプが寝やすいという場合、低反発と高反発が2層以上あること、体の圧が分散される作りになっていること、この二つにこだわってコイルタイプのマットレスを選んでみてください。

腰痛の原因は枕かも?まとめ

私たち人間は一日のうち1/3を睡眠に使っています。

質のいい睡眠が取れなければ疲労が蓄積されたままですし、腰痛もなかなか改善しません。

まくらマットレスを見直すことで腰痛改善に繋がりますから、この機会に寝具を見直して快適な安眠ライフを送りましょう。

効果と価格で徹底比較!腰痛対策マットレス総合ランキング

▼おすすめ腰痛マットレスを確認したい時はこちらから▼

>>腰痛マットレスの詳細情報はこちらから確認できます!<<

❏こちらの記事も人気があります

1

自然な寝返りをサポートすることで、腰への負担を軽減することができます。 理想的な根姿勢をキープするためには、「反発力」や「体圧分散」が重要になります。 その他、「耐久性」や「通気性」、「好みの硬さ」、 ...

腰痛マットレス モットンのメリット 2

「1日24時間じゃ、時間が足りない!」と考えながら過ごしている人でも、1日の3分の1は布団の中で過ごしています。 平均寿命が80歳を超える日本では、なんと28年以上の時間を“寝る”時間に使っていること ...

雲のやすらぎプレミアム 3

今、注目を集めている高反発マットレス。 各社が新製品開発にしのぎを削る中、腰痛マットレスとして一歩抜きん出ているのが『雲のやすらぎプレミアム』です。 楽天市場でも売り上げ1位を獲得したその魅力をひもと ...

13層やすらぎマットレスの腰痛への効果に驚いた体験談 4

私はいつも畳の上にマットレスと布団を敷いて寝ていました。 しかし、ある日首から肩にかけて激痛が走るようになりました。 湿布を貼って仕事に行くのですが、次第に腰痛も出てくるようになりました。 首から肩に ...

-腰痛対策方法

Copyright© マットレス館|腰痛マットレスおすすめランキング , 2020 All Rights Reserved.